台湾式リフレクソロジー

台湾式リフレクソロジー

 

台湾式リフレクソロジーとは、中国から伝わった東洋医学もとり入れたリフレクソロジーのことをさします。日本においては、英国式リフレクソロジーとともに人気のある療法となっています。

 

東洋では、痛い療法ほど体に効果があると考える傾向があるようです。足裏を刺激するリフレクソロジーにおいても、刺激の弱い英国式より、台湾式のほうがずっと刺激が強くなっています。

 

台湾式では、指先だけでなく、関節や棒などの道具も使用して施術が行われています。力をしっかりと入れることができるので、より強い刺激を足の裏へ与えられるのです。

 

これは、施術中のリラックス効果や心地よさよりも、施術後の足裏マッサージ効果を優先に考えているからです。国柄や体質により個人差はあるようですが、英国式より刺激の強い台湾式の方が効きめがあるとするひともいるようです。

 

現代人は運動不足や靴によって、足の裏への適度な刺激が不足しているといわれています。そのため、足裏の血行が悪くなり、冷えたりむくんだりという症状が起きてしまいます。こういった足裏は老廃物がたまっているので、台湾式リフレクソロジーでの強い刺激はかなりの痛みとなるでしょう。

 

ただし、足裏もふくめて体の健康なひとは、台湾式リフレクソロジーであっても痛みを感じることはありません。むしろ気持ちがよくなり、眠気を催してしまうそうです。

 

関連ページ

リフレクソロジー
リフレクソロジスト
リフレクソロジーマッサージ
リフレクソロジーサロン
フットマッサージャー
ヒーリング
タラソテラピー
オイルマッサージ
エッセンシャルオイル
アロマテラピー
アロマリフレクソロジー
アジアンエステ
アーユルベーダ
JREC
JREC (日本リフレクソロジスト認定機構)は、リフレクソロジーの普及・発展、リフレクソロジスト輩出のために活動している団体
ロミロミ (Lomi Lomi)
ロミロミ (Lomi Lomi) とは、古代ハワイアンから伝わる伝統的なトリートメント、癒しの方法。
英国式リフレクソロジー
「英国式リフレクソロジー」と呼ばれるようになったのは、藤田真規さんの影響と言われています。
藤田真規
藤田真規(ふじた・まき)さんは、イギリス・アメリカ・ノルウェーなどでリフレクソロジーを学び、帰国後、日本人の特性に合わせた“英国式リフレクソロジー”を開発。1996年、実母である藤田桂子さんとともに「日本リフレクソロジー協会」を設立。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ