リフレクソロジー やり方

リフレクソロジーのテクニック

 

自宅でも、積極的にリフレクソロジーを行ってみましょう。リフレクソロジーの基本テクニックとして、反射区への刺激、反射ポイントへの刺激、リフレクソロジー終了後のクロージングといったものがあります。

 

反射区への刺激のテクニックは色々ありますが、痛みの起こりにくいサムウォークをご説明しましょう。サムウォークは、親指をまるで虫が這うようにゆっくりと動かすテクニックです。支え手も利用しながら、親指の関節を伸ばしたり曲げたりして、足の裏を刺激していきます。

 

反射ポイントへの刺激には、ジワースイティミレイトというテクニックがあります。このテクニックは、日本リフレクソロジー協会がうみだしたもので、日本人向きなのだそうです。ジワースイティミレイトでは、反射ポイントに親指を当ててから、静かに押しこむように刺激を与えます。このとき、指先を垂直にして、爪を立ててはいけません。

 

リフレクソロジー終了後には、さまざまな刺激を受けた足を落ち着かせるために、クロージングと呼ばれるテクニックが大切です。クロージングは、足首のまわりをゆっくり刺激することからはじまります。足首の次には、足裏を両足ともにいろいろな角度から刺激します。

 

さらに足裏の真ん中を刺激して、最後に体全体の神経をまとめている反射区を刺激します。このときには、鼻から息を吸ってから口から息を吐いて、深呼吸しましょう。

 

関連ページ

セルフリフレクソロジー
自宅でも気軽にリフレクソロジーを行うことができれば楽しいですね。健康維持のためにも、セルフリフレクソロジーにチャレンジしてみましょう。ただし、反射区は図説がないとわかりにくいので、書物やインターネットで確認することをおすすめします。
リフレクソロジーで安眠
セルフリフレクソロジーを利用して安眠効果を得るためには、頭、脳下垂体、横隔膜、といった反射区を刺激するといいでしょう。
リフレクソロジーで便秘解消
セルフリフレクソロジーで便秘を解消したい場合には、胃、大腸、小腸の反射区を刺激すると良いですね。胃の反射区を刺激して消化をスムーズにしてから、大腸、小腸の反射区を刺激して活性化すれば、自然に排泄が促進されます。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ