リフレクソロジー 将来性

リフレクソロジーの将来性は?

 

ここではリフレクソロジーの将来性について紹介していきたいと思います。

 

リフレクソロジーが日本に導入されてまだ日は浅いのですが、急激に人気が高くなってきています。

 

これはリフレクソロジーのリラクゼーション効果や、疲労回復効果、体調を整える効果などが認められたため、人気が高くなりました。

 

現在、リフレクソロジーを施術している民間サロンやフィットネスクラブ、スポーツジム、エステティックサロンなどが急増しているため、リフレクソロジーを施術するリフレクソロジストの需要も非常に高くなってきています。

 

リフレクソロジーの民間資格であるリフレクソロジストはリフレクソロジーに関する深い知識と高い技術が必要となっているため、国家資格と同じくらい難しい資格となっているため、リフレクソロジストは不足気味となっています。

 

就職先のエステティックサロンやスポーツジムも増えてきているため、転職にも非常に有利です。

 

またリフレクソロジーは資格がなくても法的には問題がないのですが、ほとんどの求人でリフレクソロジストの資格が採用条件となっているため、まずはスクールや通信教育講座などを受講して、必要な知識や技術を身に付けることから始めるようにした方が良いでしょう。

 

まだまだリフレクソロジーの需要は高まり続けていますので、リフレクソロジーの将来性も安定しているといえますし、人に喜ばれる職業となっているため、非常にやりがいがある職種だといえます。

 

また実力を身に付ければ開業をすることもできるため、開業をするためにサロンに通って実績を作っているという人も少なくありません。

 

関連ページ

受講期間はどのくらい?
リフレクソロジストの収入
リフレ資格 取得後にできること
リフレクソロジー資格を取得した後の可能性、選択余地は大きいです。ここでは、資格取得後に出来ることについて、全体的な流れや必要な資金や準備するもの、収益性、問題点など様々な角度から考えてみようと思います。
反射区について
リフレクソロジーでは、よく反射区という言葉が使われます。いったい反射区というのは、どのようなものでしょうか。
日本におけるリフレクソロジー
日本におけるリフレクソロジーは、大きくわけて2つの種類があります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ