反射区

反射区について

 

リフレクソロジーでは、よく反射区という言葉が使われます。いったい反射区というのは、どのようなものでしょうか。

 

人間の体には、足から頭まで通じるエネルギーラインがあると、リフレクソロジーでは考えられています。反射区は、エネルギーラインを経由して、体のなかにある臓器や器官へと通じているのです。

 

たとえば胃の反射区は、足の裏の土ふまずにあります。目の反射区は、足のひとさし指となか指の付け根にあります。ですから、反射区を刺激すれば、体のなかにある臓器や器官のダメージをみつけることも可能です。反射区を刺激したときに痛みがあれば、ダメージがある証拠になるからです。

 

しかし、たとえ反射区を刺激したときに痛みがない場合でも、体のなかにある臓器や器官のダメージがあることもあります。あまりに悪化しているときには、痛みを通り越して、反射区が麻痺しているのです。

 

この場合には、反射区にクリスタル・デジポットという独特のかたさがあることでわかります。体の不調が慢性化してしまうと、クリスタル・デジポットはかたまったままです。

 

しかし、リフレクソロジーでじっくりとほぐしていくと、クリスタル・デジポットのかたさも解消されます。反射区と体のなかにある臓器や器官の関連性をまとめたものは、フットチャートと呼ばれています。

 

リフレクソロジーは、フットチャートをもとにして行われます。

 

関連ページ

受講期間はどのくらい?
リフレクソロジストの収入
リフレ資格 取得後にできること
リフレクソロジー資格を取得した後の可能性、選択余地は大きいです。ここでは、資格取得後に出来ることについて、全体的な流れや必要な資金や準備するもの、収益性、問題点など様々な角度から考えてみようと思います。
リフレクソロジーの将来性
まだまだリフレクソロジーの需要は高まり続けていますので、リフレクソロジーの将来性も安定しているといえますし、人に喜ばれる職業となっているため、非常にやりがいがある職種だといえます。
日本におけるリフレクソロジー
日本におけるリフレクソロジーは、大きくわけて2つの種類があります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ