リフレクソロジー資格

リフレクソロジー資格取得後にできることは?

 

リフレクソロジー資格を取得しリフレクソロジストになると、サロンのスタッフとして働く方が多いと思います。経験をつんだ後は、開業して自分のサロンをオープンしたり、講師やインストラクターなど教える立場の仕事も出来ますね。

 

また、ホームサロンなどの選択もあります。これなどは自宅などに一室用意すれば手軽に始められます。需要、要望があればセミナーを開いたり書籍を出版したり、他のサービスと組み合わせて起業したりなどなど、リフレクソロジー資格を取得した後の可能性、選択余地は大きいです。

 

リフレクソロジーで独立・開業

 

リフレクソロジーは現在非常に人気のある職種となっているのですが、リフレクソロジーの資格を取得している人がまだ少ないために需要が非常に高いですから転職に強いというメリットが挙げられます。

 

これ以外にもメリットがあります。

 

それはリフレクソロジーでは独立や開業しやすいというメリットです。

 

リフレクソロジーで独立開業をしている人の多くはリフレクソロジースクールが運営している直営店で実務経験を積み、独立開業しているというケースとなっています。

 

これ以外にも、研修を受けた直後に独立に踏み切っている人も少なからずいます。

 

確かにリフレクソロジーで独立をすれば、店が順調に行けば収益も高くなってくるわけですからメリットもあります。

 

しかしデメリットも存在します。

 

例えば、開業したら広告や宣伝をしなくてはなりませんし、建物を借りるのであれば家賃を支払わなくてはなりません。

 

ですので最近は家賃が発生しない自宅開業の人気が高くなってきています。

 

リスクを抑えながら、収益を得たいと思っているのであれば、自宅開業でリフレクソロジーを行うのが一番良いでしょう。

 

スクールを受講すればほぼ合格することが出来ますので、最近は主婦の方で自宅開業をするためにリフレクソロジーの資格を取得している人も増えてきています。

 

特に周りにライバルサロンがないのであれば、顧客を囲い込むことが出来るため、比較的地方都市や田舎で開業をしている人が多いようです。

 

関連ページ

受講期間はどのくらい?
リフレクソロジストの収入
リフレクソロジーの将来性
まだまだリフレクソロジーの需要は高まり続けていますので、リフレクソロジーの将来性も安定しているといえますし、人に喜ばれる職業となっているため、非常にやりがいがある職種だといえます。
反射区について
リフレクソロジーでは、よく反射区という言葉が使われます。いったい反射区というのは、どのようなものでしょうか。
日本におけるリフレクソロジー
日本におけるリフレクソロジーは、大きくわけて2つの種類があります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ