リフレクソロジー 独学

リフレクソロジー資格を独学で取得するのは難しい

 

リフレクソロジー資格を取得するための勉強には「知識」と「技術」の2つが必要になります。

 

知識は自宅で参考書籍などを読めばある程度はつきますので学科試験対策は独学でも可能かもしれません。しかし、リフレクソロジーはお客様の足裏などを施術する専門技術が必要になります。

 

身近で手に入る本や市販のリフレ学習DVDなどでも施術の仕方を見ることは出来ますが・・・

 

見るとやるとでは大違い。

 

とくに、リフレクソロジーの場合は微妙な刺激加減が必要だったり、お客様相手なのでコミュニケーション能力が必要になります。

 

リフレクソロジーサロンなどには、癒しを求めてきているお客様が多いので、施術中、最初っから最後までしゃべりっぱなしのリフレクソロジストがいたら・・・ウザいですよね(笑

 

逆にずっと無言だったら・・・想像しただけでちょっと気まずい雰囲気になっちゃいますよね〜。

 

このように現場の雰囲気や施術の間合いに合わせたコミュニケーション能力も、お客様に喜ばれるプロのリフレクソロジストになるためには必要不可欠。しかし、施術技術や現場でのコミュニケーションの取り方などは、本やDVDでの独学では習得しずらいのが現実。

 

ですので、しっかりカリキュラムの組まれた通学講座や、スクーリングの日数がしっかり確保されている通信講座での勉強が必要になってきます。

 

資格の中には独学での取得が可能なものもありますが、リフレクソロジーのような技術習得が必要な資格、ネイルアーティストやメイクアップアーティスト、エステティシャン、アロマテラピーなど、この辺は「知識」「技術」「会話」が必要なので独学ではなく養成講座やスクールで勉強しないと資格取得は難しいです。資格取得後すぐにでも現場で働きたい人はとくに。

 

まとめ

  • 独学でのリフレクソロジー資格取得は厳しい。
  • 仕事のために資格取得を考えている場合、通学講座や十分なスクーリング日数が取り入れられている通信講座で「知識」「技術」「コミュニケーション能力」をトータル的に身につける必要がある。
 

関連ページ

資格取得までの流れ
資格取得にかかる費用
難易度・合格率
リフレクソロジー資格講座やスクールのカリキュラム内容を一生懸命勉強し、必要な知識・技術・コミュニケーション能力を身につけていれば、まず落ちることはないでしょう。合格率もかなり高いです。
足つぼ・足裏マッサージの資格・免許について
リフレクソロジー資格の必要性
リフレクソロジーは、今後さらに介護や医療を補助する一方法として活用される期待が持てると思います。ですから、看護婦さんや入院患者の世話をするヘルパーさんなどはリフレクソロジスト資格を取得しておくと将来の幅が広がります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ