リフレクソロジー 資格取得

リフレクソロジー資格を取得するまでの流れ

 

リフレクソロジー資格を取得するまでの大まかな流れをご説明します。

 

と、その前にまず、リフレ資格がこれからの自分に本当に必要かどうかをもう一度じっくり考えてみることも大切です。

 

これは、資格を取得するにはリフレ資格に限らず時間とお金がかかるからです。資格は国家資格でも民間資格でも沢山の種類の資格があります。ですので、面倒臭がらずに納得いくまで資料請求などで内容を確認。よし!決めた!と自信を持てるまでっ徹底的に。

 

その上でリフレ資格を選択したのであれば、次に決めることは資格取得の勉強方法です。

 

リフレクソロジーを学ぶ方法は、自宅で学ぶ通信講座とスクールに通って勉強する通学講座があります。

 

ここでちょっとした注意点、リフレクソロジー資格は国家資格ではなく民間資格です。ですから、資格を認定する団体も複数ありますし、資格取得の為に学ぶ通信・通学講座、スクールでの受講期間、リフレ資格取得までにかかる費用、授業・カリキュラム内容などが様々に設定されています。

 

そこで、あなたがリフレ資格を取得したい!と決めたらまずやるべき事は、通信講座で学ぶか通学講座・スクールで学ぶかを決める。

 

次に、複数の講座・スクールで無料資料請求を申し込み、受講期間、費用、カリキュラム内容、資格取得後のサポート体制などをよく確認し、無理なく勉強を続けられる自分の現状と将来の計画に最適な講座やスクールを見つける。

 

その後はスクールや講座のカリキュラムに沿って勉強し資格取得を目指すことになります。

 

ここまでを簡単にまとめると、

 

1、自分の現状から通信講座か通学講座どちらで勉強するか選択する。
2、複数の講座に資料請求をして比較し、内容確認。
3、自分に合った講座・スクールが見つかれば申込む。

 

ここから先、実際に資格を取得するまでは、各講座やスクールの指示に従うことになりますが、リフレ資格はあくまで民間資格なので、資格取得の難易度も協会によって異なってきます。国家資格のように明確な線引きはありませんが、一つ言えることは、真面目に勉強しカリキュラム内の技術を習得すれば試験に落ちることはほとんどありません。

 

資格取得後の注意点は、一度取得すれば永久(半永久)に使える資格認定書と、一定期間(毎年など)ごとに更新料が必要なものもあります。この辺は、資格を取得する協会によって違うのでよく調べておきましょう。

 

 

追記:
就職や転職など特に仕事のためではなく、スキルアップ思考や趣味の延長で資格を取得したいという人も最近は増えていますね。ネイルやメイク、アロマテラピーなど、リフレ資格も同じく、勉強して技術を習得しておけば、日常生活で役立つので時間とお金に余裕があれば、あまり深く考えず人生学習として資格講座を受けてみるのはありだと思います。

 

目安としてリフレクソロジーの講座期間は、資格を取得し仕事に活かしたい場合は3ヶ月〜1年。
趣味として受講する場合は1ヶ月くらいからあります。※講座によって差があります。

 

美容系で人気のネイルアーティスト講座は、仕事にしたい場合は6ヶ月以上、趣味として習いたい場合は1ヶ月〜。メイクアップアーティストやエステティシャン、アロマテラピスト講座は、仕事・趣味で同程度3ヶ月〜(※講座によって差あり)

 

 

関連ページ

資格取得にかかる費用
難易度・合格率
リフレクソロジー資格講座やスクールのカリキュラム内容を一生懸命勉強し、必要な知識・技術・コミュニケーション能力を身につけていれば、まず落ちることはないでしょう。合格率もかなり高いです。
独学での資格取得は可能?
リフレクソロジーの知識は自宅で参考書籍などを読めばある程度はつきますので学科試験対策は独学でも可能。しかし、リフレの施術技術や現場でのコミュニケーションの取り方などは、本やDVDでの独学では習得しずらいのが現実。
足つぼ・足裏マッサージの資格・免許について
リフレクソロジー資格の必要性
リフレクソロジーは、今後さらに介護や医療を補助する一方法として活用される期待が持てると思います。ですから、看護婦さんや入院患者の世話をするヘルパーさんなどはリフレクソロジスト資格を取得しておくと将来の幅が広がります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ