リフレクソロジー資格 必要

リフレクソロジー資格の重要性

 

リフレクソロジーは、今後さらに介護や医療を補助する一方法として活用される期待が持てると思います。

 

いくら足つぼのマッサージが良いと言われていても、経験のない方が30分も足を揉み続けることは難しいと思いますが、リフレクソロジー資格を修めると、少なくとも足に触れる手順が分かりますから、随分楽にマッサージを進める事が出来るようにはなるんでしょう。血行が悪くなりがちなお年寄りや入院させている方などには、それだけでも喜ばれると思います。

 

ですから、看護婦さんや入院患者の世話をするヘルパーさんなどはリフレクソロジスト資格を取得しておくと将来の幅が広がります。

 

ただ、そう言う方達は相当激務をされていらっしゃいますから、現実的には勉強していられない方も多いかもしれませんが、身につけていただいたものを仕事の中にいかしやすい立場ではないかと思います。

 

患者さんも体が楽になられて、その結果気持ちを前向きになられて快復も早まるのではないでしょうか。病気というものは、たいていの場合気持ちが晴れ晴れしていて前向きになっていると治療も早いのです。

 

また、マッサージには手術後の快復を早める効果があると医師も認めているわけですから、会社保険などが適用されるようになれば本当はすばらしいことなのです。

 

そうすれば、病院内で手術後の患者さんに医師の指示の下で施術できるようになると思いますし、しかも患者さんの負担が最小限ですむことになり、一気にリフレクソロジーの需要が高まるでしょう。

 

関連ページ

資格取得までの流れ
資格取得にかかる費用
難易度・合格率
リフレクソロジー資格講座やスクールのカリキュラム内容を一生懸命勉強し、必要な知識・技術・コミュニケーション能力を身につけていれば、まず落ちることはないでしょう。合格率もかなり高いです。
独学での資格取得は可能?
リフレクソロジーの知識は自宅で参考書籍などを読めばある程度はつきますので学科試験対策は独学でも可能。しかし、リフレの施術技術や現場でのコミュニケーションの取り方などは、本やDVDでの独学では習得しずらいのが現実。
足つぼ・足裏マッサージの資格・免許について

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ