足つぼ・足裏 資格

足つぼ・足裏の資格・免許について

 

リフレクソロジー資格は現在の法令上では民間資格ですね。ですので法令上の免許は必要ありません。リフレ資格は、正規の教育を受けましたよということを証明するためのもので、免許とは違う感じです。

 

足つぼ・足裏「マッサージ」と「リフレクソロジー」の違い

 

リフレの施術の呼び名はサロンによって異なりますが、一般的に「ボディケア」や「トリートメント」と言われることが多いです。

 

簡単に説明しますと、足つぼ「マッサージ」は、足裏のツボを点で刺激する感じ。

 

リフレクソロジーは足裏に集まる反射区(身体の各器官や各部位につながっている抹消神経が集中しているところ)を面でとらえて、反射区を全体を広範囲(ツボの一点集中と比べて)に刺激する感じ。

 

(厚生労働省はマッサージの定義を「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」と回答している)

 

足つぼ・足裏マッサージ師とリフレクソロジストの明確な線引きは法令上でもあやふやな状態?なのが現状。将来的にはリフレクソロジーの施術も国家資格である、あん摩マッサージ指圧師の免許が必要になるかも知れませんね。

 

明確にマッサージ師として資格・免許を取りたい場合は、国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」または医師の資格が必要です。
(参考:社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会「国家資格について」)

 

理想論ですが、リフレクソロジストを目指す場合も、国家資格の「あん摩マッサージ指圧師」を取得しておくのがベストですね。(あくまで理想論)

 

まとめ

 

本格的に足ツボを強めに刺激するマッサージ行為、マッサージという名目で開業する場合は、「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格に合格して資格を取得する必要がある。

 

ボディケアやトリートメントなどリフレクソロジー施術は、現時点で法令上の免許は必要ない。

 

 

関連ページ

資格取得までの流れ
資格取得にかかる費用
難易度・合格率
リフレクソロジー資格講座やスクールのカリキュラム内容を一生懸命勉強し、必要な知識・技術・コミュニケーション能力を身につけていれば、まず落ちることはないでしょう。合格率もかなり高いです。
独学での資格取得は可能?
リフレクソロジーの知識は自宅で参考書籍などを読めばある程度はつきますので学科試験対策は独学でも可能。しかし、リフレの施術技術や現場でのコミュニケーションの取り方などは、本やDVDでの独学では習得しずらいのが現実。
リフレクソロジー資格の必要性
リフレクソロジーは、今後さらに介護や医療を補助する一方法として活用される期待が持てると思います。ですから、看護婦さんや入院患者の世話をするヘルパーさんなどはリフレクソロジスト資格を取得しておくと将来の幅が広がります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ