リフレクソロジー 痛み

リフレクソロジーと痛み

 

リフレクソロジーでは、痛みを感じることもあります。痛みを感じたときには、むりに我慢をせずに、すぐにリフレクソロジストに話しましょう。

 

そうすれば、リフレクソロジストはきちんと力の加減をしてくれます。さらに、なぜ痛みを感じる場所があるのかをていねいに説明してくれるはずです。
英国式リフレクソロジーでは、痛みをストレスの原因と考え、体に負担をかけるものだと考えています。ですから痛みを我慢しつづけることは、リフレクソロジーの効果を得るどころか、逆に失敗にもなりかねないのです。

 

痛みがあるから効きめも高いはずだとは考えずに、リフレクソロジストに力を調整してもらうことを考えなければなりません。

 

リフレクソロジーでは、痛みの理由をたずねたり、痛みの対処法もたずねたりすることは大切です。リフレクソロジストもよりうまく施術ができるようになりますし、さらにどこの反射区を刺激すべきかが判断できます。痛みを伝えることで、リフレクソロジーの効果がさらにあがることになるのです。

 

リフレクソロジーを受けるひととリフレクソロジストのコミュニケーションがちぐはぐでは、せっかくの効果はだいなしです。痛みを正直に伝えることは、リフレクソロジーとして大切なことなのです。

 

関連ページ

日本初のリフレサロン
日本初のリフレクソロジーサロンは、東京にあるリトリート南青山です。リトリート南青山では、マキ フジタ ヒーリングスクールというリフレクソロジストの養成スクール出身者が、研修をうけたのちにプロとして施術に当たっています。
フットチャートの概念
足の裏と内臓や器官のつながりをあらわしたものを、フットチャートといいます。フットチャートを作成したのは、アメリカの理学療法士であるユーニス・イングハムです。
エネルギーラインのこと
リフレクソロジーにおいては、頭の頂点から足の先まで、体のなかを10本のエネルギーラインが垂直に流れているとされています。
スピリットについて
気功、鍼といった東洋の療法と同じように、リフレクソロジーも滞ったエネルギーを循環させることを目的にしています。リフレクソロジーを行えば、エネルギーの流れがスムーズになって、体が回復していくという考え方になります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ