フットチャート

フットチャートの概念

 

心臓をでた血液には、ふたつの役目があります。ひとつは、体のすみずみまで酸素や栄養分を行き渡らせることです。ふたつめは、体にたまった老廃物を回収することです。

 

心臓からいちばん遠くなる足の裏には、酸素や栄養分が届きにくく、体の老廃物もたまりやすくなってしまいます。足の裏は、体のなかにある内臓や器官とつながっているため、リフレクソロジーにおいては重要な場所です。

 

足の裏と内臓や器官のつながりをあらわしたものを、フットチャートといいます。フットチャートを作成したのは、アメリカの理学療法士であるユーニス・イングハムです。

 

ユーニス・イングハムは、アメリカの医師フィッツジェラルド博士のゾーン・セラピーをもとに研究し、足の裏にある特定の場所が、体の内臓や器官と連動していることを発見しました。この結果をもとにつくられたのがフットチャートで、リフレクソロジーではフットチャートをもとに施術を行います。
フットチャートは、足裏反射区図という別名もあります。フットチャートは、足裏つぼ図などと称されることもありますが、リフレクソロジーで刺激する場所は、つぼとは関係がありません。ですから、足裏つぼ図というのは間違っています。

 

リフレクソロジーで使用するフットチャートは、中国の経絡経穴の影響はありません。

 

関連ページ

日本初のリフレサロン
日本初のリフレクソロジーサロンは、東京にあるリトリート南青山です。リトリート南青山では、マキ フジタ ヒーリングスクールというリフレクソロジストの養成スクール出身者が、研修をうけたのちにプロとして施術に当たっています。
リフレクソロジーと痛み
リフレクソロジーでは、痛みを感じることもあります。痛みを感じたときには、むりに我慢をせずに、すぐにリフレクソロジストに話しましょう。
エネルギーラインのこと
リフレクソロジーにおいては、頭の頂点から足の先まで、体のなかを10本のエネルギーラインが垂直に流れているとされています。
スピリットについて
気功、鍼といった東洋の療法と同じように、リフレクソロジーも滞ったエネルギーを循環させることを目的にしています。リフレクソロジーを行えば、エネルギーの流れがスムーズになって、体が回復していくという考え方になります。

ホーム リフレ資格について 通信・通学 講座を探す サイトマップ